備中松山城
現存天守を持つ山城としては最も高い所にあります。白い漆喰塗りの壁と黒い腰板のコントラスト、空の青に映える美しい天守。
 頼久寺庭園
国指定名勝の庭園、小堀遠州の初期の作庭
大海の波のあらわすサツキの大刈込みで背景を整えています。
武家屋敷
旧折井家・旧埴原(はいばら)家

 漆喰壁の格式漂う旧折井家は江戸時代後期に建てられたもので、当時160石の馬回り役を勤めた武士が住んでいました。
 商家資料館(池上邸)
高梁屈指の豪商・池上家の邸宅。
郷土資料館
 郷土資料館は、旧高梁尋常高等小学校の本館で、明治37年(1904)に建築され、市の重要文化財に指定されています。
 高梁市歴史美術館
 生涯学習施設として開館した高梁市文化交流館2階に設けられた美術館です。
うかん常山公園
 石の風車は最大のものは直径242cm、重さ2tに及ぶにもかかわらず、そよ風程度の風で回転し、石と風を結びつけたユニークな彫刻作品となっています。
 吹屋ふるさと村
 赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された、見事な町並みが整然と続く吹屋の町並み、この町並みこそ、江戸末期から明治にかけ、吹屋の長者達が後世に残した最大の文化遺産です。
広 兼 邸
 享和、文化の頃(1800年ごろ)小泉銅山とローハ(硫酸鉄)の製造を営み、巨大な富を築いた大野呂の庄屋・広兼氏の邸宅です。
 高梁市成羽美術館
 成羽川をイメージした流水庭や自然を借景としたコンクリートのモダンな外観は日本屈指の建築家・安藤忠雄氏の設計によるものです。
弥高山公園
 標高654mの弥高山中腹にキャンプ場、バンガロー村、ロッジ、貸別荘の施設があります。
 吉備川上ふれあい漫画美術館
 全国から寄贈された国内外の漫画約12万冊が収蔵されています。
 西山高原レジャー施設
標高450mのロッジからは備中湖の大パノラマを見晴らすことができる一方、春の新緑や秋の紅葉、冬景色まで、四季折々で豊かな自然に包まれています。
 

HOME大学応援活動高梁の歴史と観光イベントガイドシティーガイド高梁の偉人アクセス