国橋まつり大神楽大会



備中神楽の創始者「西林国橋(こっきょう)」を顕彰するため毎年4月に行われる神楽のイベントです。
備中神楽とは、日本の故事を演劇仕立てにし、勇壮な舞で五穀豊穣を願う神事で国指定重要無形民俗文化財に指定されている高梁を代表する伝統行事です。
江戸時代末期の学者・神官であった高梁出身の西林国橋が、神官による神事の舞が中心であった神楽を、古事記・日本書紀の神話を元に、芸能性・民族性の強い神代(じんだい)神楽を創作したといわれ、各神社の宵祭りに「宮神楽」と呼び盛大に行われてきました。
現在では五穀豊穣、家内安全を願い、地域の各神社の秋祭りで奉納され、岡山県を代表する郷土芸能として全国に知られるようになっています。






大きな地図で見る

HOME大学応援活動高梁の歴史と観光イベントガイドシティーガイド高梁の偉人アクセス